笑じわブログ。

税金・経理情報・税理士試験・日常のことなどを綴っています。

税理士試験と趣味は両立できる?

calendar

Pocket

過酷な税理士試験と趣味は両立できるのでしょうか?

12月の結果発表があり、1月からまた授業が開始されます。
税理士試験の勉強は時間がいくらあっても足りないと感じますが
趣味に時間を使うことは可能なのでしょうか。

私の受験の時の経験をお話したいと思います。

趣味は受験勉強のエネルギーに

私が受験勉強をしていた時の趣味は2つありました。

まずは、空手。

これは、大学卒業から1年間と社会人になって1年間ほどが
受験勉強と同時に道場に通ってました。

もう1つはボルダリング。

これは、結婚してから試験合格までの7年間ほどやってまして
会社の同僚や友人からボルダリングと言えば堤。
と言われるほどハマってました。

趣味の時間はもちろん勉強はしてませんから
その分、勉強時間は削られることになります。

ではそれで後悔したかと言われれば
特に後悔はありません。

むしろいい気分転換になりました。

ボルダリングなんかは
外の岩に友人とよく登りに行っていましたが
自然の岩を体一つで登るのはなんとも言えない
達成感があり、受験勉強のストレスなんてすぐ吹っ飛びます。

そう考えると趣味があることは
受験勉強のエネルギーになると思います。

ただ、やりすぎには注意が必要です。

趣味の活動やりすぎ、ハマりすぎは試験勉強に影響も。

さきほど受験勉強のエネルギーになるいった趣味の活動も
やりすぎると試験勉強に影響があります。

何事もやり過ぎは注意が必要ですね。

空手の場合

私の場合
空手をやっていた時は
理論マスターを読みながら
コンクリートを軽く叩きながらこぶしを固くする。

というわけ分からない行動をとっていました。

以前からやりたかった空手をついにやれるということで
専門学校の近くの大型の書店に行っては
空手の本を何冊も買って読んだり
空手雑誌を立ち読みして見たりと

空手にハマり過ぎて、空手に使う時間がどんどんと
増えていきました。

夕方道場があるから、
効率よく復習しようとか、無駄話はやめようとか
そういうメリットは若干ありましたが。。。。

ボルダリングの場合

ボルダリングもかなりハマってました。

残業で終電で帰ってきても
翌日、4時くらいに起きて準備して
5時、6時に岩場に到着して友人と岩に登ったりもしてるくらいでした。

ただボルダリングをやっていた時は4科目合格していたので
8月の試験終わりから12月の結果まではたくさん登っていましたが
試験に落ちると、1,2月までは少し登って
3月以降はほぼ受験にシフトしていきました。

ただ、3月から8月の試験まで登らないと
筋力はかなり落ちてしまい
試験後に登りに行くと体が思ったように動かず
元に筋力に戻るのに2.3カ月かかりました。

そのため、
3月~8月・・・・・試験勉強に集中
9月~11月・・・・・筋力回復期
12月~1.2月・・・・岩場に登りに行く(12月の発表で不合格)
3月~8月・・・・・試験勉強に集中

こんな感じの生活を何年かやっていました。
この生活、
結局、勉強も趣味も両立ではなく
期間限定でやっているような感じでした。
最終的にどっちもずっと継続しているわけではないので
なかなか上達していきません。

合格した年は
1月から岩我慢して、勉強していました。

ただ、岩に行かなくても、
家でクライミングのDVDなどを見て気分転換をしていました。

何が正解だろう?

趣味と試験勉強の割合は人それぞれではありますが
私は今思うと、趣味の活動は気分転換程度にして
1年ガッツリ気合入れて勉強するのがよかったのかな。

と思っています。
合格した年はだいたいそんな感じでした。

逆にいうと、
絶対合格するぞって思っている時は
趣味の活動はそこそこになってしまうと思います。

全く何もしないのは、勉強で疲れてしまうので
趣味でなくても気分転換できる方法は持っておいた方がいいでしょう。

最後に

私の周りには
フットサルをやったり、
ゲームなどをしていても
きちんと合格している人たちもたくさんいます。

うまく気分転換していたのでしょう。

試験勉強はこれだけやったんだからと
追い込むことで自信が付きますが
追い込みすぎて倒れてしまっては
元も子もないので

いい気分転換の方法をみつけてみましょう。

*********************************************
【きょうのひとこと日記】
きょうは確定申告の無料相談会のための研修で
岡崎税務署へ。
無料相談会の時の電子申告の手順について確認。
あと、お昼に食べた中華料理屋さんのラーメンが
めちゃめちゃ美味しかったです。
**********************************************

この記事をシェアする

書いている人

岡崎市の税理士     堤昭博

岡崎市の税理士     堤昭博

24歳から15年勤務した税理士法人を退社し岡崎市で税理士事務所を開業。
長い受験生活を経て税理士になった経験から税理士受験のことや税金の話をわかりやすくをモットーに平日ほぼ毎日更新中。 [詳細]

folder 未分類

No Image

more...
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。