笑じわブログ。

税金・経理情報・税理士試験・日常のことなどを綴っています。

3月は卒業シーズン。会計事務所も3月で一区切り?

calendar

Pocket

3月は卒業式があり、1つの区切りとなります。

私も大学まではその感覚だったのですが、

税理士の業界に入ってからはどうも感覚が違います。

新卒採用がすくない。

うちの事務所に限らないと思いますが、

この業界は新卒採用が少ないです。

だいたい受験してる人を採用するとなると、

8月に税理士試験があるので、

そこで合格を目指すとなると、

なかなか4月から働こうと考えません。

採用側もその辺は感じているので、

8月の試験後の採用が多くなります。

だから、

4月に新入社員がしかも新卒の子が入ることは、ほぼ無いので、

特に新しいシーズンが来たとも感じません。

税理士試験が8月。

先に書きましたが、

税理士試験が8月にあります。

長年受験勉強をしてたので、

どうも試験がある8月に、

カチッとシーズンが変わる感覚があります。

7月って試験が終わるまで、

ずーとラストスパートの月って

イメージでした。

5月の繁忙期が待っている

3月の確定申告が終わって一息付ければ、

3月で一区切りと感じるかもしれませんが、

そこから3月の決算の打ち合わせ、

3月決算のお客様の5月の申告まで、

なんだかんだで、

あんまりゆっくりはできせん。

このため、

4月に入っても、

新しいシーズンって感じが

しないのでしょう。

最後に

仕事の中では新しいシーズンって気がしなくても、

家の近くの桜を見たり、

子供が1学年上がったりと、

仕事以外では、

新しいシーズンを感じます。

子供はあっという間に大きくなり、

日々色々覚えて成長していきます。

もっと子供の成長を、

近くでたくさん見れたらといいな。

と忙しい時は特に思いますね。

この記事をシェアする

書いている人

岡崎市の税理士     堤昭博

岡崎市の税理士     堤昭博

24歳から15年勤務した税理士法人を退社し岡崎市で税理士事務所を開業。
長い受験生活を経て税理士になった経験から税理士受験のことや税金の話をわかりやすくをモットーに平日ほぼ毎日更新中。 [詳細]

folder 未分類

No Image

more...
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。