笑じわブログ。

税金・経理情報・税理士試験・日常のことなどを綴っています。

電子申告派?紙で提出派?

calendar

Pocket

確定申告は電子申告でしてますか?

それとも紙で提出してますか?

私はほとんど電子申告で行なっています。

今年の申告は電子申告でも、紙で提出でも、税額に変わりはありませんが、

来年からは税額に違いが出そうですよ。

いつから始まった?電子申告

電子申告は、

正式には、

国税電子申告・納税システム(e-tax)

といいます。

平成16年2月名古屋国税局管内の納税者を対象に始まりました。

この頃はすでに、

私は会計事務所で働いていましたが、

最初は全然普及する感じがありませんでした。

紙で提出するのが当たり前で、

私もアシスタント時代は、

確定申告書の提出を、

沢山の税務署宛の封筒をつくって郵送してました。

今でこそ当たり前に電子申告をしてますが、

当時は、

電子申告って本当にちゃんと届いてるの?とか

地方税の申告が対応してない地域があったりとか

なかなか普及しなかった印象があります。

税務署の方が、

電子申告・電子納税をよろしくお願いしますって、

会うとよく話してました。

電子申告の割合ってどれくらいでしょう

毎年8月に国税庁から、

e-taxの割合などの発表があります。

所得税の申告で、53.5%

法人税の申告で、79.3%

法人税は会計事務所が申告する事が多いでしょうから、

所得税より割合が高いですね。

個人の申告ですと、

手書きで書いて、そのまま提出するという方は、当然沢山いるかと思います。

医療費控除だけとか、

住宅ローン控除の初年度とか(初年度だけは確定申告が必要)、

そういう方ですと、紙に書いて提出する方も多いと思います。

ICT活用率というものも発表されています。

所得税確定申告で77.0%となっています。

ICT活用率は注意書きに、

『所得税確定申告の総申告件数のうち自宅でインターネット環境を利用して
確定申告書を作成した件数(書面提出を含む)の占める割合をいう』

とあります。

ネット環境を利用して確定申告書を作成した人が77.0%。

国税庁のHPにある確定申告作成ページなどを活用して提出すると、

これに含まれることになります。

国税庁の確定申告作成ページは色々な状況に対応していますし、

分かりやすいので、自分で申告書を作成する方は是非活用してくださいね。

外国税額控除とかにも対応していますので、なかなかすごいですよ。

電子申告と紙での申告の税金の違いはあるの?

最初にも書きましたが、

今は特にありません。

しかし、

今発表されている税制改正案では、

所得税の青色申告特別控除が、

65万円→55万円に引き下げるとなっています。

これを電子申告していると、+10万円できて、

結果的に65万円(今の同じ)になるとされています。

10万円変わると、税率が33%の方ですと、

税金が3万3千円変わります。

電子申告していないと、3万3千円税金が増えることになります。

青色申告控除の話なので、

個人事業や、個人で不動産賃貸業を営んでいる方に影響がでてきます。

税制改正案についてはこちら→税制改正大綱が発表されましたね。

最後に

あんなに最初は普及しなかっe-taxが、

今ではもう当たり前の時代になりました。

クラウド会計もどんどん進化していきます。

会計事務所の提供する価値もどんどん変わっていきますね。

**************
【きょうのひとこと日記】
今日は少し寒かったですね。
寒いとラーメンが食べたくなります。
寒くなくても食べたくなりますが。
**************

 

 

 

この記事をシェアする

書いている人

岡崎市の税理士     堤昭博

岡崎市の税理士     堤昭博

24歳から15年勤務した税理士法人を退社し岡崎市で税理士事務所を開業。
長い受験生活を経て税理士になった経験から税理士受験のことや税金の話をわかりやすくをモットーに平日ほぼ毎日更新中。 [詳細]

folder 未分類

No Image

more...
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。