笑じわブログ。

税金・経理情報・税理士試験・日常のことなどを綴っています。

会計freeeで日々の経理を効率化する3つの基本。

calendar

Pocket

今日は、クラウド会計である会計freeeを上手に使う3つポイントをお伝えします。

クラウド会計のメリット・デメリットはこちらをどうぞ。
クラウド会計って何がいいの?を考えてみました。

会計freeeなどのクラウド会計を上手に使うと、
日々の経理がスムーズにいきます。

しかし、ただ導入しただけではうまくいきません。
(むしろ変な登録がされてあとから直すのが大変になります。。。。)

私自身も自分の会社の経理にfreeeを導入し、
どうすれば効率的にできるかを考えています。

その中で、まずはここからはじめましょう
という3点を今日はお伝えしていきます。

【ポイント1】 通帳・クレジットカードを連動する

まずは、これですね。
通帳とクレジットカードのfreeeとの連動です。
連動させることで、通帳とカードの動きがfreeeに取り込まれますので
入力する時間が圧倒的に少なくなります。

通帳は
ネットバンキングに登録し、
その後freeeと連動します。
※色々設定のお手伝いをさせてもらっていると
たまにサクッと連動しない時があります。
そんな時は、その金融機関さんに連絡し電話で話ながら設定してみましょう。

クレジットカードは、
クレジットカード会社のHPから、自分のアカウントを設定し、
その後freeeと連動します。

【ポイント2】 現金はExcelで管理して、freeeに吸い込む

日々の経理で必ずでてくるのが現金での支払いです。
これは、通帳やクレジットカードのように連動することはできないので
自分で管理するしかありません。

手書きで現金出納帳を記入している方もいると思いますが、
freeeなどのクラウド会計を使うのでしたら、
Excelで管理していきましよう。

Excelで現金出納帳を作成し、
その後そのExcelデータをCSV形式でfreeeに吸い込む。

こうすると、記載した現金出納帳をもう一度会計ソフトに入力する
といった、2度手間は省くことができます。
(これをしている方結構いるかと思います。私も独立前はそうでした。。。)

このExcelの現金出納帳も
最初にひな形を作る際に、必要な事項(支払先・内容など)を
書き込めるようにしておくと吸い込んだ際に、
科目を選択する以外には特に内容を記載する必要も
なくスムーズに登録作業を進めることができます。

【ポイント3】 支払はなるべく現金以外で

最後のポイントとしては、これですね。
現金での支払いをカードでの支払いに切り替えていくということです。

現金での支払いが多いと、ポイント2の現金出納帳の作成が出てきます。
Excelに入力してfreeeに吸い込むことで、効率化はできますが、
どうしてもExcelに入力する手間は発生してしまいます。

これをカード払いにすると、
現金出納帳への記載もなくなり、
カードの使用内容がfreeeに連動された際に登録するだけで完結されます。

今では、郵便局でもカードで決済できますので、
私はレターパックの購入などの際もカードで支払っています。

ただ、レシートや領収書などはきちんと保管しておく必要があります。
カード明細がでてもレシートは領収書は捨てずにきちんと保管しておきましょう。

最後に

今日は、freeeなどのクラウド会計を使う際に、
まず意識した方がいいことをお伝えしました。

慣れると便利なクラウド会計ですが、
勝手にどんどん便利になるものでもありません。

全ての機能を使う必要はありませんが、
どうしたら便利に使えるようになるのかのポイントを押さえながら
日々の経理を効率化して時間を作っていきましょう。

この他にも、freeeの使い方を記載している記事がありますので
ご興味ある方はこちらをどうぞ。
freeeの請求書機能を使って売上を管理するには?
freeeで売上の管理するにはタグをうまく使いましょう

**今日のひとこと日記****************
今日はこどもたちと近くの川で少し水遊び。
網をもっていったので、ちいさなエビを何匹が
捕まえてました。
***************************

この記事をシェアする

書いている人

岡崎市の税理士     堤昭博

岡崎市の税理士     堤昭博

24歳から15年勤務した税理士法人を退社し岡崎市で税理士事務所を開業。
長い受験生活を経て税理士になった経験から税理士受験のことや税金の話をわかりやすくをモットーにブログを更新中。 [詳細]

folder 未分類

No Image

more...
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。